「ハゲは遺伝する」よくこの言葉を耳にしませんか?その通り、ハゲは遺伝します。遺伝している場合、普通の人に比べて非常に速いスピードで薄毛は進行します。
その薄毛の遺伝子について詳しく知りたいと思いませんか?ここでは、この薄毛の遺伝子について詳しく説明します。

薄毛遺伝子は存在する?薄毛遺伝子って何?

遺伝子の種類の中に、デンセイホルモン受容遺伝子という遺伝子があり、この遺伝子のことを通称薄毛遺伝子といいます。この遺伝子はX染色体の中に含まれており、男性ホルモンの働きと関係しています。男性ホルモンは分泌されるときに、脱毛作用があることがわかっています。つまり薄毛遺伝子を遺伝している場合、男性ホルモンによる脱毛が多くなる可能性が高いのです。

母親と父親、薄毛遺伝子はどっちから遺伝するの?

X染色体は主に母親から遺伝するため、一般的には母親から遺伝すると言われています。
しかし「母親はハゲてないから大丈夫」と思ってはいけません。女性には女性ホルモンという強力な味方がついているのです。この女性ホルモンが薄毛の進行を抑制する働きがあるため、女性である母親が薄毛になる可能性は低いと言われています。

では母親の薄毛遺伝子を受け継いでいるのかどう判断すればいいの?と疑問に思う方もいることでしょう。そういう方は、母親のお父さんで判断できます。
ハゲは隔世遺伝するとよく言われている理由として、母親のお父さんの薄毛遺伝子を受け継ぐからです。

薄毛遺伝子、父親からは受け継がない?

中には、ハゲ始めた時期が同じ、ハゲ方が父親にそっくりという人もいると思います。実際に父親から薄毛遺伝子を受け継がないということはありませんが、その作用は必ずしもゼロではないということです。父親とハゲ方が似る理由は遺伝子とは別の理由があります。

それは父親と同じような生活習慣をおくっていることが原因です。食事が偏っていたり、就寝時間が遅かったりしていませんか?例えば、自分の父親が子供の時に仕事のため帰ってくるのが遅かった、食事も自分が寝ている時間にとっていた、という心当たりがあり、しかも今の自分が同じような生活を送っているとしたら・・・抜け毛や薄毛は、栄養不足・睡眠不足といった生活習慣の乱れによって、進行してしまいます。

もう1つの薄毛遺伝子にも要注意!!

薄毛遺伝子は1つだけでなく、もう1つあると言われています。それは、5αリダクターゼという還元酵素です。この5αリダクターゼの活性力が高いと男性ホルモンである、テストステロンとの結合が活発になり、薄毛の原因となる超強力な男性ホルモンがたくさん生成されるようになるのです。

AGAにも関係する!?

先ほど説明した、5αリダクターゼとテストステロンが結合してDHTが生成されますが、このDHTと受容体が結びつくことでTGF-βというタンパク質が生成されます。このTGF-βタンパク質が、髪の毛を作り出す細胞の働きを阻害し、脱毛作用を引き起こします。そして髪の毛が休止状態になったり、新しい髪の毛が生えてこなくなったりするため、薄毛になってしまうのです。
そしてこの薄毛遺伝子である5αリダクターゼは優性の遺伝子で、母親・父親関係なしに両親のどちらかがこの遺伝子を持っていると受け継いでしまいます。

おわりに

ハゲは遺伝するということは事実ですが、ほとんどが母親からの遺伝です。自分は母親からの遺伝で薄毛になっているのか見分ける場合、母親のお父さんを見るようにしましょう。
ハゲ方が父親にそっくりだという人は、生活習慣を見なおしてみるといいでしょう。生活習慣を正すだけで、抜け毛や薄毛のが多少改善したという方もいます。
また、もう1つの5αリダクターゼという薄毛遺伝子は、母親・父親関係なく遺伝します。この薄毛遺伝子は、AGAに大きく関係しています。

http://seoul-endo.org/wp-content/uploads/2016/02/ac45792b558120bb70f1cfdee3d9b508.jpghttp://seoul-endo.org/wp-content/uploads/2016/02/ac45792b558120bb70f1cfdee3d9b508-150x150.jpgハゲ防止隊隊長原因を探るAGA,両親,薄毛遺伝子,遺伝「ハゲは遺伝する」よくこの言葉を耳にしませんか?その通り、ハゲは遺伝します。遺伝している場合、普通の人に比べて非常に速いスピードで薄毛は進行します。 その薄毛の遺伝子について詳しく知りたいと思いませんか?ここでは、この薄毛の遺伝子について詳しく説明します。 薄毛遺伝子は存在する?薄毛遺伝子って何? 遺伝子の種類の中に、デンセイホルモン受容遺伝子という遺伝子があり、この遺伝子のことを通称薄毛遺伝子といいます。この遺伝子はX染色体の中に含まれており、男性ホルモンの働きと関係しています。男性ホルモンは分泌されるときに、脱毛作用があることがわかっています。つまり薄毛遺伝子を遺伝している場合、男性ホルモンによる脱毛が多くなる可能性が高いのです。 母親と父親、薄毛遺伝子はどっちから遺伝するの? X染色体は主に母親から遺伝するため、一般的には母親から遺伝すると言われています。 しかし「母親はハゲてないから大丈夫」と思ってはいけません。女性には女性ホルモンという強力な味方がついているのです。この女性ホルモンが薄毛の進行を抑制する働きがあるため、女性である母親が薄毛になる可能性は低いと言われています。 では母親の薄毛遺伝子を受け継いでいるのかどう判断すればいいの?と疑問に思う方もいることでしょう。そういう方は、母親のお父さんで判断できます。 ハゲは隔世遺伝するとよく言われている理由として、母親のお父さんの薄毛遺伝子を受け継ぐからです。 薄毛遺伝子、父親からは受け継がない? 中には、ハゲ始めた時期が同じ、ハゲ方が父親にそっくりという人もいると思います。実際に父親から薄毛遺伝子を受け継がないということはありませんが、その作用は必ずしもゼロではないということです。父親とハゲ方が似る理由は遺伝子とは別の理由があります。 それは父親と同じような生活習慣をおくっていることが原因です。食事が偏っていたり、就寝時間が遅かったりしていませんか?例えば、自分の父親が子供の時に仕事のため帰ってくるのが遅かった、食事も自分が寝ている時間にとっていた、という心当たりがあり、しかも今の自分が同じような生活を送っているとしたら・・・抜け毛や薄毛は、栄養不足・睡眠不足といった生活習慣の乱れによって、進行してしまいます。 もう1つの薄毛遺伝子にも要注意!! 薄毛遺伝子は1つだけでなく、もう1つあると言われています。それは、5αリダクターゼという還元酵素です。この5αリダクターゼの活性力が高いと男性ホルモンである、テストステロンとの結合が活発になり、薄毛の原因となる超強力な男性ホルモンがたくさん生成されるようになるのです。 AGAにも関係する!? 先ほど説明した、5αリダクターゼとテストステロンが結合してDHTが生成されますが、このDHTと受容体が結びつくことでTGF-βというタンパク質が生成されます。このTGF-βタンパク質が、髪の毛を作り出す細胞の働きを阻害し、脱毛作用を引き起こします。そして髪の毛が休止状態になったり、新しい髪の毛が生えてこなくなったりするため、薄毛になってしまうのです。 そしてこの薄毛遺伝子である5αリダクターゼは優性の遺伝子で、母親・父親関係なしに両親のどちらかがこの遺伝子を持っていると受け継いでしまいます。 おわりに ハゲは遺伝するということは事実ですが、ほとんどが母親からの遺伝です。自分は母親からの遺伝で薄毛になっているのか見分ける場合、母親のお父さんを見るようにしましょう。 ハゲ方が父親にそっくりだという人は、生活習慣を見なおしてみるといいでしょう。生活習慣を正すだけで、抜け毛や薄毛のが多少改善したという方もいます。 また、もう1つの5αリダクターゼという薄毛遺伝子は、母親・父親関係なく遺伝します。この薄毛遺伝子は、AGAに大きく関係しています。ハゲてしまう様々な理由を徹底分析
The following two tabs change content below.
ハゲ防止隊隊長

ハゲ防止隊隊長

ハゲ防止隊では薄毛に悩む男性をメインに、薄毛のメカニズム、原因を知り、そこから対策を考えることができるサイト作りを心がけています。