薄毛を隠すだけでなく、ポークパイハンチングキャップニット帽など、オシャレアイテムとしても活躍する帽子。薄毛を気にしている方にとって帽子は、良いアイテムかもしれませんね。

しかし「帽子をかぶるとハゲる」と言われることもあります。帽子をかぶっているせいで薄毛が進行してしまうかもしれませんよ。帽子は被り方次第で、薄毛を進行させることも予防することも出来ます。薄毛で悩んでいる方は特に、帽子の正しい被り方を理解しておくようにしましょう。

「帽子をかぶるとハゲる」その真実とは

帽子をかぶるとハゲる、これは事実です。今現在、帽子をファッションの一部として活用している方が多いのではないでしょうか。しかし帽子は本来、頭を守るために被るもの。直射日光や外的要因などから、頭を保護する役割があります。
その反面、帽子を被ることで汗の発散が悪くなり、頭皮が蒸れた状態になってしまいます。頭皮は蒸れると、発汗によりさらに頭皮が汗ばみますが、そこから細菌の繁殖を招いてしまうこともあります。
すると、細菌によって頭皮環境が悪くなり、薄毛が進行してしまいます。そのため帽子はかぶりっぱなしにすることはやめて、適度に脱ぐようにしましょう。
またサイズが小さくて合わない帽子は、無理に被ってはいけません。サイズの小さい帽子を被ることで、血行不良の原因となってしまいます。血行が悪くなることで、頭皮や毛根に髪の毛を成長させるための栄養が、充分に届かなくなります。頭を締め付けてしまうような、帽子の着用は避けましょう。

帽子を被らなくてもハゲる?

それでは薄毛の人たちにとって帽子は不要なもの、と考えればいいのでしょうか?その答えは間違いで、帽子を被らなくても薄毛が進行してしまう要素はあります。ポイントは薄毛対策を考えた被り方。帽子は被り方によって、髪の毛に良くも悪くも影響を与えることがあるからです。

まず帽子の基本的な役割ですが、太陽熱から、頭の温度上昇を防ぐと共に、紫外線によって起こる皮膚の炎症を防ぐ、といった効果があります。実際に釣りメーカーの実験で、夏の炎天下で帽子を被る人と被らない人とでは、頭の温度が10度以上も差が出たようです。
帽子は熱射病を防ぐだけでなく、異常な発汗を抑制し、健康な頭皮を維持するためには被ったほうがいいとも言えます。特に気をつけて欲しいのが紫外線です。頭皮は紫外線の影響を受けやすい部位でもあります。肩や腕など、日焼けをすると赤くなって皮膚がただれることもありますが、これは肩や腕だけではなく、頭皮でも同じことが起きているのです。髪の毛によって多少は紫外線から頭皮を守っていますが、薄毛の人や髪の毛が短い人は、頭皮に紫外線が降り注いでしまいます。その結果、炎症を起こし髪の成長を妨げることで抜け毛や薄毛が進行してしまうのです。

帽子は正しく被る!正しく被ることで予防に繋がる!

帽子はずっとかぶっていても薄毛が進行し、炎天下でかぶっていなくても薄毛が進行してしまうのです。つまり帽子は被り方次第で、薄毛を進行させることも予防することも出来るということです。夏の炎天下では頭皮を守るために帽子を被るようにしましょう。しかし汗をかいたら適度に帽子を脱ぎ、頭皮が蒸れないようにしましょう。また洗っても問題のない帽子を選び、適度に洗濯をして清潔を保つようにしましょう。

おわりに

「帽子をかぶるとハゲる」この言葉は、嘘ではないということを分かって頂けたと思います。帽子をずっとかぶっていることで、蒸れて頭皮の環境を悪化させてしまい、薄毛の進行に繋がります。しかし炎天下で帽子を被らないということも、抜け毛や薄毛を進行させる原因でもあります。紫外線の多い時期や日差しが強い時などは帽子を被るようにし、汗をかいたら蒸れないように帽子を脱ぐようにしましょう。
そして洗濯可能な帽子は適度に洗濯するようにし、清潔を保つようにしましょう。

http://seoul-endo.org/wp-content/uploads/2016/02/3d1e16d55056445f450cd5cab9cdd868.jpghttp://seoul-endo.org/wp-content/uploads/2016/02/3d1e16d55056445f450cd5cab9cdd868-150x150.jpgハゲ防止隊隊長原因を探る予防,帽子,汗,薄毛薄毛を隠すだけでなく、ポークパイ・ハンチング・キャップ・ニット帽など、オシャレアイテムとしても活躍する帽子。薄毛を気にしている方にとって帽子は、良いアイテムかもしれませんね。 しかし「帽子をかぶるとハゲる」と言われることもあります。帽子をかぶっているせいで薄毛が進行してしまうかもしれませんよ。帽子は被り方次第で、薄毛を進行させることも予防することも出来ます。薄毛で悩んでいる方は特に、帽子の正しい被り方を理解しておくようにしましょう。 「帽子をかぶるとハゲる」その真実とは 帽子をかぶるとハゲる、これは事実です。今現在、帽子をファッションの一部として活用している方が多いのではないでしょうか。しかし帽子は本来、頭を守るために被るもの。直射日光や外的要因などから、頭を保護する役割があります。 その反面、帽子を被ることで汗の発散が悪くなり、頭皮が蒸れた状態になってしまいます。頭皮は蒸れると、発汗によりさらに頭皮が汗ばみますが、そこから細菌の繁殖を招いてしまうこともあります。 すると、細菌によって頭皮環境が悪くなり、薄毛が進行してしまいます。そのため帽子はかぶりっぱなしにすることはやめて、適度に脱ぐようにしましょう。 またサイズが小さくて合わない帽子は、無理に被ってはいけません。サイズの小さい帽子を被ることで、血行不良の原因となってしまいます。血行が悪くなることで、頭皮や毛根に髪の毛を成長させるための栄養が、充分に届かなくなります。頭を締め付けてしまうような、帽子の着用は避けましょう。 帽子を被らなくてもハゲる? それでは薄毛の人たちにとって帽子は不要なもの、と考えればいいのでしょうか?その答えは間違いで、帽子を被らなくても薄毛が進行してしまう要素はあります。ポイントは薄毛対策を考えた被り方。帽子は被り方によって、髪の毛に良くも悪くも影響を与えることがあるからです。 まず帽子の基本的な役割ですが、太陽熱から、頭の温度上昇を防ぐと共に、紫外線によって起こる皮膚の炎症を防ぐ、といった効果があります。実際に釣りメーカーの実験で、夏の炎天下で帽子を被る人と被らない人とでは、頭の温度が10度以上も差が出たようです。 帽子は熱射病を防ぐだけでなく、異常な発汗を抑制し、健康な頭皮を維持するためには被ったほうがいいとも言えます。特に気をつけて欲しいのが紫外線です。頭皮は紫外線の影響を受けやすい部位でもあります。肩や腕など、日焼けをすると赤くなって皮膚がただれることもありますが、これは肩や腕だけではなく、頭皮でも同じことが起きているのです。髪の毛によって多少は紫外線から頭皮を守っていますが、薄毛の人や髪の毛が短い人は、頭皮に紫外線が降り注いでしまいます。その結果、炎症を起こし髪の成長を妨げることで抜け毛や薄毛が進行してしまうのです。 帽子は正しく被る!正しく被ることで予防に繋がる! 帽子はずっとかぶっていても薄毛が進行し、炎天下でかぶっていなくても薄毛が進行してしまうのです。つまり帽子は被り方次第で、薄毛を進行させることも予防することも出来るということです。夏の炎天下では頭皮を守るために帽子を被るようにしましょう。しかし汗をかいたら適度に帽子を脱ぎ、頭皮が蒸れないようにしましょう。また洗っても問題のない帽子を選び、適度に洗濯をして清潔を保つようにしましょう。 おわりに 「帽子をかぶるとハゲる」この言葉は、嘘ではないということを分かって頂けたと思います。帽子をずっとかぶっていることで、蒸れて頭皮の環境を悪化させてしまい、薄毛の進行に繋がります。しかし炎天下で帽子を被らないということも、抜け毛や薄毛を進行させる原因でもあります。紫外線の多い時期や日差しが強い時などは帽子を被るようにし、汗をかいたら蒸れないように帽子を脱ぐようにしましょう。 そして洗濯可能な帽子は適度に洗濯するようにし、清潔を保つようにしましょう。ハゲてしまう様々な理由を徹底分析
The following two tabs change content below.
ハゲ防止隊隊長

ハゲ防止隊隊長

ハゲ防止隊では薄毛に悩む男性をメインに、薄毛のメカニズム、原因を知り、そこから対策を考えることができるサイト作りを心がけています。